夏の夢物語

派遣薬剤師は見た!一枚うわて?の患者さま

医療機関を訪れる患者さまに、高齢の方も多くおられます。病院で長い待ち時間を経た受診、会計待ち、精算などを終え、疲れて調剤薬局に来られます。処方箋を出すより先に、病院で待たされた不満を話される方も多いです。しかし、調剤薬局も診察後の患者さまが来られるため、お待たせする時間が生じます。

薬局は、すぐに薬が用意できると思われる傾向が強く、憤慨する患者さまも少なくありません。飲み合わせの確認、医師への問い合わせ、監査、説明など、処方箋通りに薬を揃えるだけではないのです。薬剤師と事務が協力し合い、仕事を進めます。

そんな中、患者さまの中には、事務員を試す質問をする方もおられます。各点数や薬価を尋ねるのです。即答しかねる場合は突き詰め、答えれば薬剤師を呼んで確認するなど、手が込んでいます。そのような患者さまは、予め調べたり、知識がある場合が多く、知っていて尋ねてきます。言うなれば、あらさがしを行っているのです。

患者さまもよく観察しておられ、忙しくても、声をかけやすそうな事務員を選びます。新しいスタッフが増えれば、新人かどうか尋ねる患者さまもおられます。思った通り新人であれば、患者さまは、自分が古株である自慢をなさいます。顔見知りの患者さま同士では、見抜いたことを褒めたたえていらっしゃいます。時には、処方箋も持たず、知っているスタッフを見たくて来られる方もいるのです。冷たくあしらうわけにはいかず、仕事の手を止めたくなくても、応対することになります。その間、他のスタッフに負担がかかることは、言うまでもありません。スタッフが患者さまに逆らえないことを、よくご存知です。

スタッフ同士で、患者さまは一枚うわてだと表現しています。院内薬局では、患者さまへの応対は接遇と言います。一方、調剤薬局では接客と言うのです。患者さまは、お客様として接することになっています。このような心がまえが、一枚うわてな患者さまを作るのかもしれません。
ちなみに私は、※薬剤師派遣って短期間でもOKなんです!未経験でも大丈夫だよ♪を参考に、現在の院内薬局には派遣で働いています。派遣薬剤師だと、いろんな環境で仕事ができるのでとても興味深いですよ。

Scroll To Top