夏の夢物語

母の遺品の着物を買い取ってもらいました。

数年前に母から着物を勧められました。
年を取ったら体型も悪くなるし、若い子には敵わないよ、着物着ちゃえば、冠婚葬祭も悩むことないし、かっこいいよと。
確かに、日本人として着物を持っていないんじゃ恥ずかしいかなと思い、一式購入することにしたのです。

実際に着物選びを始めた時に思ったのは着物って意外と自由なんだってことです。
確かに着物にはいろいろは決まりごとがあります。
袷、単衣を着る時期が決まっていたり、夏の7,8月は夏帯しかしてはいけないとか、正式な場所には紬はだめだとか難しいなと思います。
ただ、普段着て楽しむ分にはかなり個性的に着こなしている人が多いのだと教えられました。

冬はブーツで着物着ちゃっていいとか、男性用の羽織を着たりなどなど。
自分に着物を教えてくれた人が個性的だったのかもしれませんが、色や柄などもびっくりするような合わせ方をしていました。
大正ロマンと云われる時代もかなり個性的ですよね。

また、年をとって赤とかピンクはちょっと抵抗があるなと思っても、和装であれば、着物が落ち着いた色合いであれば、帯や帯揚げ、帯締めなどに赤やピンクを使ってもまったく派手ではありません。
実際、自分はグレーの江戸小紋にピンクの格子柄の帯を勧められて購入しました。
さらに縦縞の着物に横縞の帯など、これが洋服なら二度見されそうなコーディネイトでも、まったく変ではないのです。
そんなことを教えられてすっかり着物の虜になりました。

ただ、悩みはなかなか着る場がないということです。
普段、着歩けばいいじゃないと言われるんですが、着付けに時間が掛かったり、歩きにくかったりして、いざ出かけるとなると、敬遠してしまいます。
結局、揃えた着物が現在、タンスの肥やしになってしまっているのはとても残念です。
将来的にはササエさんの母・フクさんのようにかっぽう着を着て料理をしたり、日常的に着こなしたと思っています。
いつか、タンスの肥やしを着こなす日が来ると信じています。
まずは着付けを練習しなければいけないですけどね(苦笑)そういうわけで、昨年、母が亡くなり結局は私の着物と遺品着物買取をお願いすることになりました。

Scroll To Top